診療科案内

心臓血管外科

医師紹介

李 武志

理事長

李 武志

名古屋市立大学医学部卒業
心臓血管外科認定医
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会認定医
心臓機能障害指定医
臨床研修指導医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修証授与

冨岡 秀行

草加循環器クリニック院長

冨岡 秀行

産業医科大学医学部卒業
日本外科学会専門医・指導医
日本心臓血管外科学会専門医・修練指導医
日本循環器学会専門医
アジア心臓血管外科学会メンバー

笹栗志朗

非常勤

笹栗 志朗

東京医科歯科大学医学部卒業
高知大学名誉教授
心臓血管外科専門医
外科専門医
循環器専門医
日本外科学会指導医
日本胸部外科学会終身指導医
日本外科学会特別会員
日本心臓血管外科学会特別会員
日本脈管学会特別会員

下肢静脈瘤について

<足に蛇が住み着いた!?>

私たちは、日本で最初にレーザー治療を導入しました!

「エンドレーザー法を用いた下肢静脈瘤に対する新しい低侵襲手術の経験
(2002.11 小田 勝志 松本 康久 前田 博教 大森 義信 笹栗 志朗)」
などの日本における下肢静脈瘤レーザー治療の先進的な論文を制作

夕方、仕事の終わりにふと自分の足を見ると朝よりも足がむくんでいたり、よくよく見ると足の血管が浮き出て、まるで蛇が足に潜り込んで住み着いたかのようになっている事がありませんか。また、年々くるぶしの周りにシミのような色素がつくようになり、その周囲に炎症が起きて皮膚科の先生に診てもらってもなかなか治らないことはありませんか。こういった症状は、実は足の静脈瘤が原因であることが多いのです。瘤と言っても絶えず高い血圧にいつもさらされている動脈に瘤ができるのは理解できるけれども、押してみても簡単に潰れる静脈にどうして動脈と同じ瘤ができるのか不思議ですね。
足の静脈瘤は人間が立位歩行を始めて以来、人間を悩ませてきた疾患なのです。紀元前1550年のエジプトのパピルスには、蛇のようにうねうねとした下肢静脈瘤の記載がすでにあり、その治療法にも言及されているとのことです。

図1

図1は紀元前4世紀ギリシャのアクロポリスで発見された奉納額で、静脈瘤が形として残された最古のものとされています。
静脈はご存知のように心臓から動脈を伝って送られてきた血液を今度は心臓へ戻す管です。心臓へ戻す力は呼吸や足の筋肉のポンプ作用、また、血液が逆流しないよう静脈に備わっている弁にコントロールされています。足の静脈の血圧は立位によって心臓から足までの血液の重さがそのまま反映され、じっとしていると100mmHg、動脈の血圧と変わらないくらいの数値になります。歩き出すとその値は足の筋肉のポンプ作用や静脈弁の作用によって0−20mmHgまで下がります。手には立位によって足にかかる重力ほどの力がかからないので滅多に静脈瘤はできません。また、お寿司屋さんやケーキ屋さんなどいつも立ったままでその場を動かずに仕事をしている方に静脈瘤が多いのも、足の筋肉を使わずにいるためにポンプ作用が働かず、静脈の高血圧が続いていることによります。長く静脈の高血圧が続くと静脈は拡張して普段はピタッと閉じて血液の逆流を防いでいる弁が閉じなくなり、ますます足の血液の鬱滞を助長して蛇のうねりのようなコブとなります。そうして、その膨らみにより美的にもまた足の重だるさ、ある時は出血、潰瘍などを引き起こし我々を悩ませているのです。
昔から人間の立位歩行と同時に我々を悩ませてきた静脈瘤に対する治療は数多く試みられてきました。

図2

図3

図2は西暦300年代のギリシャの医師オリバシウスによる静脈瘤の手術の記載です。足にいくつもの傷をつけて静脈瘤を引っ張り出して切除するもので、なんとなく痛々しいかぎりで、治癒したとしても美的には勧められません。実は同じような手術は私がまだ若い外科医であった時にも行われていました。

図3は現在行われている治療法です。2mmほど皮膚に開けた穴からレーザーを放つ管を静脈内へ挿入して血管の中から静脈瘤の原因となっている血管を切除する代わりに焼いて血液の逆流を止める方法です。治療は10分もかからずに終わり、美容的にも優れた治療法です。
実はさらに新しい治療法が開発されていてこの春から臨床応用が始まります。医療は長い年月をかけて進歩しています。

外来受付時間

月曜日~金曜日 午前 8:30~11:00
午後 1:30~4:00
土曜日 午前 8:30~11:00

救急は随時受け付けております。

048-960-7100 048-960-7100

番号タッチで電話がかかります。

お問い合わせはこちら
埼玉東部循環器病院
〒343-0025 埼玉県越谷市大澤3187-1
アクセスはこちら
ページの先頭へ